倉吉 日本瓦葺替え

倉吉市(近隣)日本瓦葺き替えなら私たちにおまかせ下さい

 

 

日本瓦葺き替えが

ドーンと安くなる方法があります

お問い合わせフォームよりご連絡下さい

 

 

 

日本瓦葺き替え工事

特価キャンペーン開催中!!

1u当り  10,600円

   (棟、葺止は別料金です)


日本瓦は1000度以上で焼きあげられた陶器製です。

 

  そのメリットは?

 

   瓦の表面塗膜は、ガラス塗膜と炭素塗膜により吸水率が低く、
     透水が起こりにくい。
   屋根の上に人が登ったり、雪が積もったりした時の屋根材にかかる負荷は
     凄いです!!jis規格には曲げ破壊強度約150キロ以上となっていますが、
     当社の瓦は倍の約300キロに耐え切ります。
   瓦の耐久年数をご存知ですか?何と約1000年なんです!!スレート系の
     屋根材が約30年なのと比べると雲泥の差があります。

 

  勿論、補修工事も承ります。

 

日本瓦葺き替え手順です。
まず古い瓦を全て取り除きます。
場合によっては、クレーン車を使用する事もあります。

 

次に瓦の下にある土や木材の桟を全て取り除きます。
ほとんどの場合瓦の下に大量の土が入っています。
屋根下地の痛み具合を判断し、必要な箇所を修復していきます。

 

屋根の鼻先にある瓦桟や破風板などの木材もこの時交換します。

 

その後、屋根下地に合板を隙間なく打ち付けていきます。
この工程は下地の補強と、重量の分散を兼ねています。

 

そして、防水シートを適正な重なりで敷設していきます。
防水シートの性能は日本瓦の場合、非常に重要な
部分になって来ますので確かな品質の物を使用します。

 

次に瓦を確実に固定する為に横桟を打ち付けます。
打ち付けた横桟に、瓦をステンレス釘・ビスを使い分け
ながら固定していきます。

 

最後に葺き止と呼ばれる外壁と屋根の取り合い
棟と呼ばれるテッペンの部分を屋根用の土と瓦を使用して
施工していきます。ここで、土の見える部分にはメンド
シックイと呼ばれるもので土の風化を防ぐ為に防水して
いきます。

 

あとは、必要な部分に水切りと言われる金属を被せて
工事終了となります。

 

瓦の交換工事をしている時によく思うのですが、日本瓦の良い所として
破損した場合にその部分だけ取替(安く補修)が出来る!
これが最高に良い所だと個人的に思います。

 

例外として、屋根のてっぺんの棟と呼ばれる箇所、壁際などは、少し
手間のかかる工事になります。どの素材の屋根でもこの部分はやはり
手間がかかります。

 

 

  家の屋根が鉄板(トタン)やコロニアルの方はこちら
                         >> 詳細を御覧ください

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 選ばれる理由 メニュー・料金 お得な情報 キャンペーン お問い合わせ